かわいいスニーカーが履きたくて大好きなのですが、結構なお値段がしたりするのが難点でもあります。

なので、ただいま私はスニーカー貯金に励んでいたりするのです!



駅までの道のりが約20分くらいあるので、その往復をバスではなくて歩きで行えた日は自宅の貯金箱に200円入れることにしています。



バス代の代わりに貯金箱にそのお金を入れると、結構貯まってくるので晴れた日には積極的に頑張るようにしているのです!



知らないうちにこれをしているだけで貯蓄ができるので、またまた今のスニーカーが傷んできた頃には

購入できそうな気配です!

最近は雨続きの天気でしたが、連休を迎えると同時にきれいな青空になりました!

今日は洗濯日和です!

ここでちょっと我が家の住宅事情をお話ししますと、

私の住まいの目の前は会社の建物だったのですが、

こういう世の中だからでしょうか、建物を取り壊してマンションが建つことになったのです。

そのため春からはその建物の解体工事が始まり、毎日騒音とほこりに嫌な思いを強いられています・・。

その建物には「アスベスト」というものが使用されていたのか、

住民の方々は天気の良い日も窓を閉め切って生活しています。

そして毎週休日は工事がお休みになるため、

今日は天気も回復して、工事もお休みで、こういう意味でも洗濯日和なのです!

最近は休日になると雨が降ることが多かったのでうれしいですね!

真夏も窓を開けられず、かといって一日中エアコンをかけるのも電気代がたまったもんではないません。

私たち住民は、電気代の免除ぐらいしてもらいたいと思ったほどです・・。

ある友達は、夏場には家族が全員いない5時間を除いて、一日中エアコンをつけていたようで、

一か月の電気代は2万円を超えたとか超えなかったとか、ここら辺の境界線みたいです。

2万円は我が家にはちょっと厳しい出費です・・・。

ところで、アスベストって何者なのでしょうか?

私は無知なもので、今までこの言葉しか知らなかったのですが、

自分の身に関係してくる悪者でしたら、知っておく必要があるかもしれないと思いまして、

先日インターネットで調べてみたのです。

何やら難しいことがたくさん書いてありました・・・。

簡単に理解しますと、始まりは1720年にロシアで発見されたようです。

このアスベストは、耐熱性や防音性などにとても優れているうえに、単価が安いという理由で

建材やパイプにブレーキなど様々なものに沢山使用されたそうです。

1960年代に肺がんへの影響があると確認されたアスベストは、

職業がんと公認されることになりました。

このアスベスト繊維はとても細かくて軽いため、

人の肺に入るとなかなか外に出ていくことは難しいそうです。

日本では、1975年に吹き付けアスベストの使用が禁止されました。

その後、2005年にはアスベストを使用していた資材を製造していた従業員の方々が、

多く亡くなられていたこともわかったそうです。

このことにより、医療費支給などの救済の法律がつくられたとのこと。

しかもアスベストを吸入したことによって発症する肺がんなどは、

潜伏期間が10年から50年とも言われているので、なんと恐ろしいことでしょうか。

ここまで知ってしまった以上は、

電気代がかかってしまっても、部屋の中に悪者を入れない措置を取るしかありませんね・・・。

長男の運動能力

我が家には5歳になる長男がいますが、どちらかといえば大人しく、押しの弱いタイプです。

お友達ならまだいいけど、知らない子だと言いたいことも言えず、おもちゃを取られてしまうことも多いです。

だから、せめて運動に対する苦手意識ができないようにしてあげたいと思います。

運動は、男の子にはついて回るし、運動が苦手だと余計にバカにされやすいと思うのです。

そこで、小学生になるまでに補助輪なしで自転車に乗れるようにとペダルなし自転車からペダルを後付けできるタイプの自転車を買いました。

それでペダルなしで練習して、慣れた頃ペダルを付けて今ではスイスイと漕いでいます。

これはかなり、自信となったようでした。

鉄棒も始まったらしいので、思う存分練習できるように室内鉄棒を買ってあげました。

外だと見られて恥ずかしいとかもあると思ったからです。

しかし、どうしてもまだ前回り、逆上がりは出来ません。

クラスでも、女の子2人だけしかできていないと言うので、まあいいやと思ってはいましたが、年中さんとなったので、そろそろ練習して欲しいです。

でも、体操の先生の補助ならできますが、私の補助では怖いらしいので

うちではまだ成功しません。

ネットで検索すると、鉄棒くるりんベルトというのが出てきました。

逆上がりの補助で、鉄棒と腰を近くに固定できる器具です。

私の信頼している子育てアドバイザーの方のおすすめでもあったので、良いかもしれない、と購入を迷っています。

さほど高くもありませんが、買っても怖がってしてくれなかったらもったいない、と考えてしまいます。

できないで取り残されていく感は、幼児の頃に味わうと、かなり悲しいものですし、大人しい長男にとってはきついでしょう。

もっと、わんぱくなタイプならば出来なくても何くそ、と頑張れるかもしれません。

でも、落ち込んで次にやる気になるまで長そうな長男には、補助が必要なように思えます。

身体もどちらかというと小さめですから、できないことばかりだと自信をなくしていきそうで、それが一番の心配です。

やっぱり買おう、と既に買い物かごに入れていたベルトを再度、期待を込めて眺めています。

複数の同僚が全身脱毛を受けていた為、五年前から開始し、これまでに全身脱毛7回、さらに部分脱毛(脚、ワキ、ブラジリアン)4回に加えて、今年はブラジリアン6回コース中2回を終えました。不要になったら他の部位に残りを使う予定です。



日本では湘南美容外科、横浜院で一度施術を受けました。当日に申し込んだにも関わらず、二人掛かりで丁寧に全身脱毛をして頂けました。シェービングが出来ていない箇所があった為、有料でお願いしました。施術中に痛みは無く、終了後、アイスパックを頂き、クールダウンする時間がありました。



他は米国で日本人経営のクリニック、米系クリニックに行きました。日本人経営のクリニックは施術前に部位に鉛筆で線をひいて、パーツ毎に丁寧に施術してくれました。また、酷く痛みを感じることもありませんでした。米系クリニックだと、毛の照射もれが目立ちました。また、設定温度も強めな印象があり、一度お腹に黒く丸い痕が複数のこりましたが、クリニックから頂いたレチンAを塗ったら治りました。



現在全身にあまり毛は残りませんでしたが、それでも何本か残っています。

かつては仕事用として、裕福な家庭にあったパーソナルコンピューター(パソコン)の普及率は70%弱と決して珍しくなくなりました。

テレビ番組や企業のホームページを見て情報を得る、通信販売は電話やFAXの他にウエブサイトから注文をするなど「あなたもパソコン持っていますね?」と持っていて当たり前の世の中になりました。

お年寄りは電話やFAXを使うような感覚でパソコンに慣れるよう地域のパソコンクラブで電子メール、インターネット、ワープロソフト、表計算ソフトを習いに来ています。

「はやっているので教える人数が足りないので手伝いに来て下さい」と頼まれて毎週一回外出の気分を味わいながら行っていました。今思うと、地域と接する機会を与えられて

引きこもっていた私が外出することが嫌でなくなりました。

全員自分のノートパソコンを持ち寄ってレジュメやテキストに沿った課題を進める90分間でした。全員未経験ですが上達には個人差があります。上達が早い人は私がつきっきりでモニターを指差したり、マウスを借りて操作している様子を見て覚えてもらったりする状況が少なかったです。上達が早い人にはどのような共通点があるのでしょうか?

上達が早い人は、操作の方法の手の動きを見ること、触って覚えることを反復していたと思われます。テキストやレジュメを読むことやプロジェクターやホワイトボードを使った説明は、退屈してしまい覚えにくく劣等感が募ってしまいますが、実際に自ら積極的に

操作すると覚えやすくなります。例えば、「デスクトップ上で右ボタンをクリックして新規

作成からフォルダーをつくる」という説明を耳で聞いて覚えるよりも、自分で実際に

やってみるとどのようなことが起こるのか興味が湧いていて楽しくなります。

私は「パソコンは修理が必要になる程簡単には壊れません。壊れたら修理に出すかメーカーに電話して聞けば良いだけです。自由に反復して操作すれば身につきますよ」という言葉をかけていました。その言葉を安心して信じて下さい。

女性は少しでも早く自分の外見を良くしたいという思いから全身脱毛をしたいと考えます。

そのため事前に準備をしないで脱毛サロンで施術を受けてしまうことが少なくありません。

しかし施術を受ける前に事前に準備をしておくことによって、より効果的な脱毛をすることができるということを知っておいたほうがいいでしょう。



そこで全身脱毛の施術を受ける前にどのようなことをしておくといいのかというとそれは脱毛をする場所の肌に保湿をして肌に潤いを与えておくことです。

なぜこのようなことをするといいのかというと脱毛をする際にどうしても肌にダメージを与えてしまうことになるのですが、乾燥をしている状態だとそれが顕著に現れてしまうからです。

そのため肌に保湿をしておくことによってダメージを軽減することができ、効果的な脱毛をすることができます。

私はOLのころは、父子家庭でしたので、給料は父親が管理していましたので、自分で自由に使えませんでした。そのことで、父親に不満をいったことがありました。いくら残業しても、月に4万円しか父親にもらっていなかったからでした。

結婚してやっと、自分の給料を管理できるようになりましたが、実は旦那とはうまくいってなくて、

いつか1人で暮らすときのためにと思って、へそくりを1000万円しています。

でも1000万円なんかすぐなくなりそうな気がします。

サロン通う立地条件

ムダ毛の悩みから「エステサロン」を利用するに当たっては、料金、効果にこだわる人たちが多いです。



脱毛のアンケートからも率が高いです。



しかしフラッシュ脱毛の場合は、3、4回で終了することがなく、マメにサロンへ通う必要があります。



人によっては自宅から最寄りの店舗がなく、バスや電車を利用するケースが多いです。



そこで重視してほしいのが立地条件ということになります。



こちら、自宅から利用する人や通勤の際に立ち寄って行く場合もあります。



最も通いやすい立地にこだわるなら、駅から歩いて行ける距離を考えたいです。



全国チェーンを展開しているサロンなら、どのエリアでも便利ですし、急なお引越しのようなときも安心して通えます。

全身脱毛は案外リーズナブル

全身脱毛といえばまとまったお金がないと厳しいイメージが持たれがちですが、最近は月額プランで非常にリーズナブルな価格でお手入れを楽しめるサロンも急増中です。

まとまった現金を用意したり、ローンを組まされたりすることも皆無で、一月におよそ1万円程度支払うだけで快適に全身脱毛を楽しむことが出来ますので非常に安心です。

全身脱毛は、自分ではお手入れが難しく自己処理に苦戦しがちな身体の後ろ側のパーツもエステティシャンさんが丁寧に施術してくれるので、たいへん心強いです。

背中や腰やデリケートゾーンなど、自己処理であればつい剃り残しがちな箇所も、エステティシャンが完璧に仕上げてくれるので、一切抜かりない非常に美しい美肌を手に入れることが可能です。

お金持ちっていいな

あるお金持ちが、お金持ちになって良かったなと感じたこととして、
「レストランへ入った時、値段を気にせず、注文できるようになったこと」
と言ったそうです。
うらやましいなあと思います。自分は、外食すると、食べたいものの値段や量を比較しながら、時間をかけて選びます。その結果、本当に食べたいものが、食べられないことも少なくありません。
お金持ちになったら、そんなこと気にせず、食べたいものが食べれるようになるというのは、本当に羨ましいと思います。